激走!5000キロ

By , 2014年3月15日 6:23 PM

 激走!5000キロ(THE GUMBALL RALLY)は、ニューヨークからカリフォルニアを目指して、アメリカ大陸を横断するキャノンボール・レースを描いた映画です。
この映画が制作されたのは1976年ですが、1970年代はカーチェイス映画が多数制作されました。私は車が好きだと言うこともあり、この手の映画をよく見ましたが、記憶に残っている映画はそれほど多くありません。

 
 初代ミニミニ大作戦、新おしゃれ泥棒、バニシングIN60、そしてこの激走!5000キロが、数あるカーチェイス映画の中で記憶に残っている映画です。これらの中で、私が唯一映像メディアを持っていない映画が、激走!5000キロでした。

 一時期、全てのレンタルビデオ屋さんやオンラインビデオサイトなどを探しまくりましたが、探し方が悪かったのか、どうしても見つけることができませんでした。
ところが先日、TSUTAYA DISCAS で検索したところ、簡単に見つけることができました。早速レンタルの予約をしたのは言うまでもありません。

 予約した DVD が届き封を開けてみると、何と驚いたことに全く新品のような DVD が入っていました。わざわざ新しい DVD を作ったんですね。それ程に、需要が多かったと言うことなのでしょう。
この映画をフルに観るのは、何十年振りのことなのかと思うと、ちょっぴり感慨に浸ることになりました。

 
 それで、観た感想はどうだったかと言うと、「まぁこんな感じだったかな」と、余り盛り上がらずに終わりました。最初に観た時の年齢と、今の年齢を考えれば、盛り上がり方に差があるのは当たり前のことかも知れません。
 ただ、この映画が非常に丁寧に作られていることを、改めて感じました。早朝の街角を疾走する車の姿、そして排気音、実際のスピードなど、ひとつひとつの要素に拘り、美しく仕上げるための労力は並大抵ではなかったと思います。正に、カーチェイス映画の金字塔!と言える映画だと思います。

4 Responses to “激走!5000キロ”

  1. says:

    激走!5000キロ!は私もリアルタイムで観ました。余りの感動に帰りにパンフレツトを買った記憶があります。まだビデオも何も無い時代に紙面上しか知らないACコブラ427の走りに痛く感動しました!!凄かったですね~。この映画の為に3台も用意してたとの事ですよ。この時期だと思いますがバニシングポイントも心に記憶に残ってますねぇ。しかし、同世代ですねぇ笑。

    • cube-kojima says:

      激走!5000kmは、車好きの人であれば誰でも感激する映画だと思います。本物感が凄いですから。カウンタックが川面を飛んでしまうような映画とは違いますよね(笑)。バニシングポイントも一種独特の凄みを感じる映画でしたね。でも何か恐ろしい陰謀のようなものを感じさせる映画でした。そんなわけで、私はもう少しお気楽なバニシングin60の方が好きでした。それと、新おしゃれ泥棒が東京で封切られた時に、ヨーロッパに乗ってその映画を見に行った思い出があります。どこの映画館だったのか忘れましたが、そんなことをして楽しんでいたこともありました。また1974年頃、ロータスの代理店はアトランティック商事になっていて、新発売されたエリートの試乗に行ったことがありました。首都高を飛ばすエリートの後ろ姿は、幅広でペッタンコのスーパーカーもどきで、ヨーロッパの親派にはあまり受けなかったようです。
      もう40年以上前のことですが、あの頃はいろいろと楽しかったですね。

  2. says:

    cube-kojima 様

    そうですか、ヨーロッパはエランより楽しいですかぁ~。私のエランの前オーナーもヨーロッパ持ってましたねぇ。OHVの初期型だったと思います。勿論、若い頃からロータスは憧れの車ですが私には雲の上の車で身近に感じる事はできませんでしたねぇ。最初に乗った車はヨタ8が欲しいと両親に伝えたらスポーツカーはアカン!
    軽なら頭金なら出してやると言われ5万円もらい後10万のローンでホンダN3を購入しました。いやいや乗ってる車なんて続くわけがなく1年で捨てました23万のヨタ8を見つけたからです。やっと永年の夢だったヨタ8!!嬉しかったですねぇ。
    でもヨタ8が欲しかったのは当時は単なる不純な動機でした。これに乗れば絶対に女の子にモテルと当時は思い込んでましたねぇ(笑)。こんなに俺がカッコイイと思うのだからそんな気持ちは女でも同じに違いないとね。結論は言うまでもありません!(笑)。でもそこには男だけのワンダーランドを発見してしまいました。調子の悪いヨタ8を無知な私が自分の手で試行錯誤、エンジン載せ代え、エンジンに火が入った、これが私の出発でもあり今まで継続してきた原点でもあります。でもあまりの走りの悪さにあれ程憧れたヨタ8を一年半で手放しホンダS8を購入し完全に泥沼に嵌りました。私の大学生活は昼夜アルバイト付けの4年間でしたねぇ。
    当時、最愛の彼女がいたのですがもう1人の自分にエス8とどちらか良い?と尋ねるとエス8!と言い切ってしまう自分が怖かったですねぇ。
    エスは最後にもう一度乗ろうと決めてましたがそれをもっと走りを良くしたのがエランだと言う事実を知りました。50年も前にこんな車を作ってたなんてロータスって凄いですね。それと一度海外の車に目を向けてしまうともう国産車なんでダサくて乗れなくなりますね。
    そうそう、あの2B弾懐かしい!!笑っちゃいました。同世代ですねぇ笑。私たちはあの2Bを蛙にくわえさせ爆発させる残酷な遊びしてたのを思い出しましたよ、缶詰
    のカンの中で爆発させると数メートルも上がるんですよね。危険なのですぐ使用禁止になったような記憶がありますが。面白かったですねぇ!

    • cube-kojima says:

      剛様のコメントを拝見して、正に昔の自分を見ているようでした。やっていることは多少違えど、同類相哀れむのようなところがあります。
      私が思うに、ヨーロッパとエランは以って非なる車だと思います。私がヨーロッパに傾倒したのは楽しいか否かよりも、その信じられないような操縦性を気に入ったからです。勿論ヨーロッパは楽しいのですが、車に乗せられている感があると思います。当時の知人で914に乗っていた人がいました。自分では運転しませんでしたが、隣に乗せていただいた時に、ヨーロッパとの違いがハッキリと分かりました。ヨーロッパはカートに近い!と言うのがその時の感想でした。ずっと後になってディノ246GTを運転できる機会がありましたが、ことハンドリングに関してはヨーロッパの方に歩があるなと感じました。ハンドリングのしっとり感やフィーリングはディノの方が上なのですが、キレがありません。カートもどきのピピッと動く機敏性は、私の知る限りではヨーロッパだけのような気がします。勿論、最近のロータスに乗ったことはありませんので、古臭い感想なのかもしれません。ジネッタG12などはどうなのかなとも思いますが、件外の話ですよね。ですから、エランの楽しさはヨーロッパとは別の所にあるような気がします。ヨーロッパに乗っている方で、エランが欲しいと言われる方が意外に多いのも、両車の楽しさは別のところにあることを物語っているように思います。
      話は変わりますが、N3には私も一時乗っていたことがあります。3ヶ月くらいでしたが・・・。SR311に乗っていた時に日産の中古車センターでバイトをしていたのですが、そこの社員の方が自分の壊れたSRの修理用にと「どうしてもSRを売ってくれ!」としつこく言って来て、大変困ったことがありました。私のSRもご多聞に洩れずいろいろと問題のある状態でしたから、このまま修理漬になるよりは他の車を買った方が良いのかもしれないと考え、売ることにしました。売ってしまったら当然のことですが、自分の車が無くなってしまい学校に行くのにもバイトに行くのにも辛い状況になりました。それをバイト先の上司に訴えたところ、何と下取り車のN3を当てがわれたのです(笑)。当時N3は流行ってはいましたが、何せ遅いことこの上なく、身の危険を感じるほどでした。いくら人(会社)の金で車に乗れるにしても、N3はないだろうと泣きついたのですが、早く自分の車を買えと言われセールスを紹介されました(爆笑)。早く次の車を探さないと、新車を買わされてしまうと言う恐怖から、できるだけ支障の無い車を探すことになりました。支障の無いと言うのは、日産にアルバイトで行っているのに、トヨタの車は買えないよね、と言うことです。何の因果か知りませんが、日産の工場に行くこともたま~にありましたので、他の国産メーカーの車はご法度に近い状態でした。自分としては外車!に非常に興味がありましたので、お金も無いくせに、それを言い訳にできることを内心シメシメと思ったものでした。それからは毎日、中古車屋さんを見て回る生活が始まりました。学校にバイトに車探しと、よくそんな時間があったなと思いますが、車探しはもっぱら夜中でした。そのお陰か、東京・横浜近辺の外車を扱うお店の場所と在庫車には、誰よりも詳しくなりました。そんなある日、運命のエランと出会うことになるのでした。親からお金を借り、SR311の売却代金とバイトで貯めた少しばかりの貯金を合わせて、エラン購入の頭金にしました。車両代金は、忘れもしません、当時のお金で140万円!でした。当時としては、人生詰んだかなと思えるような金額ですが、そんなことよりもエランを入手した事の嬉しさで、暫くの間は舞い上がっていました。エランでは、本当にあちこち良く出掛けました。これには、修理工場に入っていない時はと言う但し書きが付きます。修理にどのくらいお金が掛ったかよく覚えていませんが、車以外の遊びや生活は考えられない状態でした。それを不思議に思わなかったところが、潔いと言うか何と言うか、周りの人間はたぶん呆れていたと思います(笑)。
      トヨタS8でのご苦労は、もう何とも言えないほど、心に染み入りますね。車に乗り始めた頃、私もトヨタS8にもの凄く興味があったのですが、中古価格が高かったこと、台数が少なかったこと、友人がパブリカに乗っていてこれと同じエンジンか、と考えてしまったことなどから、欲しい車リストから脱落しました。GTO-MR・べレットGTR等々の高性能車にも興味があったのですが、当時はまだ新車が売っていた頃でしたから、高価で高嶺の花でした。19歳までオートバイに乗っていたのですが、車の免許を取ると自分の車が欲しくなり、中古車屋さん巡りをすることになります。そんな中で見つけた比較的程度の良いSP311、2シーターでオープンにもできましたので、即決で決めてしまいました。しか~し所詮1600ccでしたから、遅い!と気が付くまでに、それほど時間は掛りませんでした。それでもいろいろと手を入れていましたので、中古車屋さんの見立てでは「並上」が付く車両で、そこそこの価格で売れそうでした。そんなワケで、またまた中古車屋さん巡りが始まりました。そこで出会ったSR311は、あまり手入れがされていない状態でした。当時、中古のSR311は結構高価でしたから、仕方ないかと妥協して、そのSR311を購入することにしました。手入れがされていないと言っても、ダメなところは殆どが補機部分でしたから、水路の洗浄・さび止め・部品交換、電気系統の部品交換、ソレックスのOHなどなど、自分できる作業は殆どやりました。このSR311は機関は絶好調でしたから、キャブのOHで見違えるくらいに良く走るようになりました。夜な夜なZとよく競争もしました。が、しかしここで力尽きました。このあとの顛末は、上に記したとおりです。
      私の場合、ホンダS8はエランの次に乗った車でした。エンジンとミッションは良くできた車だと思いましたが、狭くて遅い!と言う印象が残っています。仕方ないですよね、エランの後でしたから。エランより速い車はその後何台か乗りましたが、何故か強烈な印象が残っているのはヨーロッパとエランだけです。911turboも大好きな車でしたが、また乗りたいかと言われると、そうでもないような気がします。ヨーロッパかエランなら、それが現実的に可能か否かは別にして、また是非乗りたいと思いますね。
      随分と歳をとりましたが、車に乗り始めた頃の気持ちや日常の様子は、何故か鮮明に覚えています。車に接すると言うことは、それだけ自分にとってインパクトの強いことだったのだろうと思います。何か取りとめの無い内容になってしまい、申し訳ありません。このまま書き続けると、いつになったら終るのか分かりませんので、この辺りで失礼したいと思います。

コメントを書く

Panorama Theme by Themocracy