中判カメラ-2

By , 2013年10月23日 11:32 PM

2台目の中判カメラがやって来ました。
今度のは、6×9サイズのカメラで、一般的に入手できる中判カメラでは、最大サイズのものです。
前回ここに書いた中判カメラは、6×7サイズのカメラでした。
今回のカメラの名前はGW690、前回のはRB67、フィルムのフォーマットサイズがそのままカメラの名称になっています。
この他には、645、680などがあります。

今回のカメラはレンジファインダー方式のカメラで、前回の一眼レフ方式のカメラよりは、全体的に小型になっています。と言っても、上の写真のとおりの大きさで、そのデカさに思わず吹き出しそうになります。ちなみに、中判カメラに使用するフイルムは120フィルムと220フィルムと呼ばれるもので、別名ブローニー版とも呼ばれています。

120と220の違いは、フィルムの長さにあり、220は120の倍の長さになります。
当然のことですが、カメラのフォーマットサイズにより、撮影できる枚数が異なります。
一般的な35mmフィルムカメラは、フォーマットサイズが同じですから、フィルムの長さにより24枚撮り、36枚撮りなどと区別することができました。

35mmフィルムは24mm×36mm(縦×横)の大きさの部分がフィルム1コマ分に当りますが、6×9フォーマットの中判カメラでは、その大きさは60mm×90mmになります。
35mmフィルムで集合写真を撮るのと、中判カメラで同じ集合写真を撮るのとでは、写せる情報量に格段の違いがあることが分かります。これこそが、中判カメラが必要とされる理由です。

フルサイズディジタルカメラの受光素子サイズは、35mmフィルムと同じ24mm×36mmです。普及型ディジタルカメラの受光素子サイズは、17mm×23mm程度しかありません。
ディジタルカメラの情報量と、フィルムカメラの情報量を比較することはできませんが、フィルムカメラもなかなかのものであることが分かります。

がんばれ!フィルムカメラ

コメントを書く

Panorama Theme by Themocracy