フィルムカメラ

By , 2013年1月21日 9:53 AM

随分長いことブログを更新していませんでした。

昔の写真や資料を眺めると、あの頃はこうだったなぁと断片的に思い出すことはあるのですが、自分の中でも整理が付けられないまま、新しい年になってしまいました。

 昔の写真を見ていて気付いたのですが、当時はどんなカメラを使っていたのか、全く憶えていないのです。
昔の写真ですから、当然フィルムカメラで、それもマニュアルフォーカス・マニュアル設定で撮っていた筈なのですが、どのようにカメラを操作していたのかさえ、忘れてしまっています。

 さすがにこれはイカンと思い、久し振りにフィルムカメラを引っ張り出してみました。
出て来たのは、昔購入したニコンの一眼レフカメラでした。
その他にもフィルムコンパクトカメラとコンパクトデジカメが数台づつ見つかりました。

思わず現用のコンデジで記念撮影したのが、この画像です。

 飽きっぽい割には物持ちの良い性格のため、既に持っていることさえ忘れてしまっている物が多々あります。
そのような物を発見した時は、昔の知人に会った時のように、当時の思い出が一気に蘇ります。

 私が中学・高校生の頃に使っていたと思われるカメラは父親のカメラでしたので、私の住いで探しても出て来る筈はありません。
そして不幸にも、どのような機種を使っていたのか、依然不明のままです。
父親に聞けば分かるかもしれませんが、憶えているかなぁ。

 私が中学生の当時でも、ニコン、キャノンは別格のカメラでした。
自分が首からぶら下げているカメラを誇りに思ったことはありませんでしたので、多分、右の画像のような、ペトリかヤシカのレンジファインダーカメラだったのではないかと推測しています。
と言っても、その当時の売れ筋ナンバーワンはヤシカでしたし、私が知らなかっただけで、ペトリ・ヤシカは超有名ブランドでした。

 それで、発掘?したフィルムカメラをどうしたかと言うと、綺麗に磨いて、またお蔵入りにしました。
もう少し歳を取ったら(今でも充分年寄りですが)、フィルムカメラを首からぶら下げて、昔の思い出の地を巡ってみたいと考えています。
その時には、フィルムそのものが無くなってしまっているかも知れませんが・・・。

コメントを書く

Panorama Theme by Themocracy