磯子Old & New

By , 2011年12月19日 7:20 PM

 ここに掲載する写真は、SATURNO IOMさんから提供していただいたものです。1960年代の写真と最近の写真を比べると、其々の場所の変化が良く分かります。1960年代と言えば、日本は高度成長期の真っ只中です。ですからこの頃の写真には、日本全体が貧乏だった頃の佇まいと、活気に満ちた雰囲気が同居していて、何とも言えない懐かしさを感じます。

 芦名橋の奥から磯子山に向って行くと、途中に長い急坂がありました。1964年の写真では車が通れるように整備されていますが、私が両親に連れられてこの辺りを散策していた1960年頃は、まだ細い山道だったと思います。後年開始される宅地開発のため、先ずは工事車両が通行できるように整備されたのだと思います。今まで宅地ではなかったところが住宅街になると、その変貌ぶりが良く分かります。当たり前とは言え、坂道の形が変わっていないところが、妙に印象に残ります。
 

 磯子旧道入口から、磯子小学校前に抜ける道の途中で撮った写真です。其々の写真を見比べると、右側の家のブロック塀や左側の家の土留めが昔の姿のまま残っていて、何故かとても懐かしい気持ちになります。
 

 浜マーケットの出口近くにあった「室ノ木公園」周辺の写真です。新しい方の写真を見ると、左側に向って比較的太い道が写っていますが、昔はこの道はありませんでした。右側に行く細い道も見えますが、昔はこの道だけでした。太いほうの道は、禅馬川が暗渠化された後に作られた道です。細いほうの道は、下の写真に写っています。
 

 昔の写真に写っているのは、磯子旧道入口から磯子小学校前に抜ける道の途中にあった、禅馬川に掛かる橋です。禅馬川が暗渠になり、今ではその頃の面影はありません。昔の写真に「飛鳥田医院」の看板を見ることができますが、私が幼少の頃、こちらの医院に随分とお世話になりました。飛鳥田医院は、飛鳥田一雄元横浜市長の弟さんが開院された診療所で、八幡橋から少し磯子橋方面に行った16号線沿いにあります。今ではもう、お孫さんの代になっているのではないかと思います。
 

 磯子小学校や周りの住宅は異なっていますが、佇まいは殆ど変っていません。写真を撮った各々の季節が違うからかも知れませんが、最近の写真には何となく活気が無いように思われます。この辺りは、表通りから少し入ったところですが、昔は人通りも多く、良い意味でもっとごちゃごちゃしていたように記憶しています。
 

 この写真は、磯子小学校前から16号線に抜ける途中の様子を写したものです。昔の写真に写っているクリーニング屋さんは、以前は貸本屋さんでした。母の実家が久木町に引っ越した後、時々遊びに行った時などは、ここでマンガを借りたりしていました。ちょっと前まで、ここは何のお店だったか忘れてしまっていたのですが、SATURNO IOMさんから提供していただいた資料を見ていて、貸本屋さんであったことを思い出しました。それと同時に、当時のお店の様子や周りの雰囲気までもが鮮明に思い出されました。とっくに忘れてしまっていたことを何かの切っ掛けで思い出すと、その当時の周りの雰囲気まで蘇って来るのですから、記憶って不思議なものですね。

 昔の写真には、クリーニング屋さんだけでなく他のお店も写っていますが、今ではそれらは無く、何となく閑散としています。普段の買い物は、大型スーパーに車で乗り着ければ一遍で済んでしまいますが、その代り地元の商店街は廃れ、町の活気は失われて行きます。賑やかなのが良いとは限りませんが、活気が失われて行くのは、何となく寂しい気がします。
 
  写真の場所の地図です。地図は1961年のものですが、1963年頃と大きな違いはありません。一番上の写真からA~Fとして、写真を撮った位置を記してあります。
 
 
 
 
 
 

4 Responses to “磯子Old & New”

  1. capa より:

    初めてご連絡いたします。capaと申します。よろしくお願いします。1953年生まれ、磯子小卒のおやじです。
    実は、この写真 http://www.kanazawa19.com/wp-content/uploads/2011/12/old_new_c1.jpg のバラ線の向こうの瓦礫のところ、私が生まれた家がたあったところです。かつて2件長屋があありましが、1961年ごろ、ごく近所に引っ越しました。
    いくつか思い出を書かせてください。
    近辺は長いこと空き地で、よくカン蹴りで遊んでました。
    写真にあるクリーニング店の配達用のオート三輪に、配達のとき乗せてもらった思い出があります。
    毎日、紙芝居のおじさんが来て、公園で講演してました。道具箱の乗った自転車を止めてから、大太鼓をたたきながら近所を一回りします。そうすると子供たちが自転車の前に集まります。なかなか盛んでしたが、いつまであったか、、、。
    とても懐かしく拝見いたしました。ありがとうございます。

    • cube-kojima より:

      capa様
      初めまして。コメント頂戴し、ありがとうございます。
      とても懐かしく拝見致しました。
      当時私の家は根岸だったのですが、母の実家が広地にあった関係で、時々浜マーケット周辺で遊びました。室ノ木公園でも遊んだ記憶がありますので、ひょっとしたらcapa様と同じ紙芝居を見ていたかもしれません。
      このページに掲載しました写真は、capa様のご近所にお住まいだった方から、ご提供いただいたものです。ひとつ上の写真にご兄弟が写っていますが、お兄さんがその方です。
      capa様とは何歳か離れているはずですが、ご近所だったと思いますので、ご一緒に遊ばれた仲かもしれませんね。
      昔の様子は断片的に思い出すことが多く、それを拾って書き綴っているブログですが、皆さまから頂戴するコメントに励まされています。
      これからも、どうぞ宜しくお願い致します。

  2. 大和田明美 より:

    初めまして。懐かしい磯子の風景が見られて とても嬉しいです。
    このブログ サイトを教えてくれたのは 幼馴染です。
    去年、横浜に住んで居た時の記憶を辿りたいとフェイスブックに登録してみました。そうしたら 何と探してくれたのが 近所に住んで居た方 お2人でした。
    後で 連絡をくれた Hさんが 此処を教えてくれました。
    とても「感謝」しています。
    私は、S31/3生まれです。
    中学2年迄 磯子区=山田谷戸)に 住んで居て
    磯子小学校、岡村中学校を卒業しました。
    その後は 父の再婚で 中区本牧に...。
    16歳の時に 家庭の事情で大阪に来ました。
    今年 3月に還暦を迎え、やはり懐かしい磯子が今でも大好きで
    時々 想い出しては 風景を拝見しております。
    私の知らない 横浜を見られて感動しています。
    本当に 有り難うございます。
    私の祖父は 大和田金明と言います。
    剣道を教えに 茨城から横浜に来たと聞きました。
    父は光明と申します、父も横浜を とても愛していました。
    「彫錦」で 検索頂ければ 詳しく判るかと思います。
    突然 コメント致しまして 失礼をお許し下さい。
    此れからも お元気で素敵なブログ サイトの書き込み、
    楽しみに しております。

     

    • cube-kojima より:

      大和田様
      初めまして。
      本サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
      またコメントも頂戴し、感謝申し上げます。
      大和田様は中学2年生まで山田谷戸にお住まいだった由、非常に懐かしく思います。
      私が小さな頃、両親に連れられて磯子の山歩きをしたのですが、その際はいつも山田谷戸から山に入っていました。
      道沿いの家並みが途切れると畑が現れ、そのまま農道を歩いて行くと小川が流れ、そして水田が現れ、季節による花が咲いていて、今思うと夢のような光景でした。
      また山田谷戸は、母の実家があったところでもありました。
      母の実家は久里浜だったのですが、仕事の都合で山田谷戸に越してきたそうです。
      その後、ハママーケットの近くの広地町、久木町へと移り住みました。
      母の父(私の義祖父)が、八幡橋寄りにあった日立バブコックに勤めていた関係だと思います。
      大和田様は磯子小学校・岡村中学を卒業されたとのことでしたが、磯子小学校周辺の写真を載せることができ、良かったと思っています。
      ブログにも書きましたが、あの写真はコメントをいただいた方から提供していただいたものです。
      その方は、私より幾つか年下ですので、ひょっとしたら磯子小学校の同窓生かも知れませんね。
      私は25歳の時に、現在の住居地に越してきました。
      それ以来、約40年近くこちらに住んでいますが、やはり磯子・根岸のことはいつも心の中にあり、度ある毎に思い出しては懐かしい気持ちになっています。
      このサイトにコメントを頂戴する方の多くは、磯子・根岸に昔住んでいて、忘れられない思い出を沢山持っておいでのようです。
      個人の防備録のようなブログですが、ご覧いただいている皆様と、思い出を共有できれば大変嬉しく思います。
      ここ暫くの間、ブログを更新していませんが、また新たに記事を載せたいと思っています。
      大和田様のお父上は、その世界では有名な方なんですね。
      大和田様は女性ですからご存知ないと思いますが、小さな頃、銭湯に行くと、彫り物をしている人をよく見掛けました。
      私たちが小さな頃は戦争の記憶がまだまだ色濃かった頃ですし、根岸・磯子は漁師町と言うこともあり、彫り物をしている人が多かったのかもしれませんね。
      現在は大阪にお住まいのようですが、大阪は良いところですよね。
      昔は日本の中心地のようなところですから、関東に比べれば、由緒ある史跡が沢山あるのではないかと思います。
      磯子の思い出と同様、大阪で生活した思い出を大切になさってください。
      また機会がございましたら、コメントをいただければ幸いです。

コメントを書く

Panorama Theme by Themocracy