激走!5000キロ

By , 2014年3月15日 6:23 PM

 激走!5000キロ(THE GUMBALL RALLY)は、ニューヨークからカリフォルニアを目指して、アメリカ大陸を横断するキャノンボール・レースを描いた映画です。
この映画が制作されたのは1976年ですが、1970年代はカーチェイス映画が多数制作されました。私は車が好きだと言うこともあり、この手の映画をよく見ましたが、記憶に残っている映画はそれほど多くありません。

 
 初代ミニミニ大作戦、新おしゃれ泥棒、バニシングIN60、そしてこの激走!5000キロが、数あるカーチェイス映画の中で記憶に残っている映画です。これらの中で、私が唯一映像メディアを持っていない映画が、激走!5000キロでした。

 一時期、全てのレンタルビデオ屋さんやオンラインビデオサイトなどを探しまくりましたが、探し方が悪かったのか、どうしても見つけることができませんでした。
ところが先日、TSUTAYA DISCAS で検索したところ、簡単に見つけることができました。早速レンタルの予約をしたのは言うまでもありません。

 予約した DVD が届き封を開けてみると、何と驚いたことに全く新品のような DVD が入っていました。わざわざ新しい DVD を作ったんですね。それ程に、需要が多かったと言うことなのでしょう。
この映画をフルに観るのは、何十年振りのことなのかと思うと、ちょっぴり感慨に浸ることになりました。

 
 それで、観た感想はどうだったかと言うと、「まぁこんな感じだったかな」と、余り盛り上がらずに終わりました。最初に観た時の年齢と、今の年齢を考えれば、盛り上がり方に差があるのは当たり前のことかも知れません。
 ただ、この映画が非常に丁寧に作られていることを、改めて感じました。早朝の街角を疾走する車の姿、そして排気音、実際のスピードなど、ひとつひとつの要素に拘り、美しく仕上げるための労力は並大抵ではなかったと思います。正に、カーチェイス映画の金字塔!と言える映画だと思います。

Panorama Theme by Themocracy