フィルムカメラ-2

By , 2013年1月25日 10:47 AM

 先日、久々にフィルムカメラを引っ張り出してみたのですが、眺めて磨いただけで、またお蔵入りさせました。
それは、手元にフィルムが無い、寒いので撮影に出掛ける気がしない、からでした。

 しかし妙なもので、何かに気を向けると、それが現実の生活の中に入り込んで来ます。
入り込むと言う表現は適切ではないかも知れませんが、今まで気に掛けていなかったものが、意識の中にポトンと落とし込まれるのです。

 それが要因かどうか分かりませんが、全く偶然にフィルムを入手しました。
ついでだからと考え、必要も無いのに5本購入しました。
このフィルムの使用期限は2015年6月となっています。
つまり、あと2年半の間に、5本のフィルムを使い切らなければなりません。

 ここでよーく思い出してみたのですが、ハーフサイズカメラ(通常の倍の枚数が撮れる)を使用していた頃、1年近く同じフィルムがカメラの中に入ったままになっていたことがありました。
現在のように、デジカメで何でも気楽に撮れるのとは違って、昔は、フィルムを使い切ってしまうまで現像には出さなかったように思います。

 今もその掟?を守る必要はありませんが、カメラのテストのためにフィルムを買ったわけではありませんから、何とか、ものの役に立てたいと考えています。

昔の写真を見ると分かるのですが、日常の生活風景は、殆どと言って良いほど撮られていません。
ですから、子供の頃はどんな服を着て、どんな物を食べ、家族は皆どのように過ごしていたのかなど、思い出せないことがいっぱいあります。

 フィルムカメラを使うには、肝心な場面を取り損なうかも知れないと言う覚悟?が必要になりますが、それを逆手に取って、フィルムカメラで日常の風景を撮ってみることにしました。

 左の画像のように、2台のコンパクトカメラと、1台の1眼レフカメラのそれぞれにフィルムを入れて、場面と気分に応じて使い分けてみようと思います。

 たまたまフィルムを入手したがために面倒なことをする羽目になりましたが、でも、この面倒な作業こそが、貴重な記憶を残すことに繋がるのだと思います。

 今回のフィルムが、良い機会を作ってくれました。
自分のためだけではなく、自分の子供に、今の様子を写真にして残してあげられれば、これほど幸いなことはないと思います。
 

フィルムカメラ

By , 2013年1月21日 9:53 AM

随分長いことブログを更新していませんでした。

昔の写真や資料を眺めると、あの頃はこうだったなぁと断片的に思い出すことはあるのですが、自分の中でも整理が付けられないまま、新しい年になってしまいました。

 昔の写真を見ていて気付いたのですが、当時はどんなカメラを使っていたのか、全く憶えていないのです。
昔の写真ですから、当然フィルムカメラで、それもマニュアルフォーカス・マニュアル設定で撮っていた筈なのですが、どのようにカメラを操作していたのかさえ、忘れてしまっています。

 さすがにこれはイカンと思い、久し振りにフィルムカメラを引っ張り出してみました。
出て来たのは、昔購入したニコンの一眼レフカメラでした。
その他にもフィルムコンパクトカメラとコンパクトデジカメが数台づつ見つかりました。

思わず現用のコンデジで記念撮影したのが、この画像です。

 飽きっぽい割には物持ちの良い性格のため、既に持っていることさえ忘れてしまっている物が多々あります。
そのような物を発見した時は、昔の知人に会った時のように、当時の思い出が一気に蘇ります。

 私が中学・高校生の頃に使っていたと思われるカメラは父親のカメラでしたので、私の住いで探しても出て来る筈はありません。
そして不幸にも、どのような機種を使っていたのか、依然不明のままです。
父親に聞けば分かるかもしれませんが、憶えているかなぁ。

 私が中学生の当時でも、ニコン、キャノンは別格のカメラでした。
自分が首からぶら下げているカメラを誇りに思ったことはありませんでしたので、多分、右の画像のような、ペトリかヤシカのレンジファインダーカメラだったのではないかと推測しています。
と言っても、その当時の売れ筋ナンバーワンはヤシカでしたし、私が知らなかっただけで、ペトリ・ヤシカは超有名ブランドでした。

 それで、発掘?したフィルムカメラをどうしたかと言うと、綺麗に磨いて、またお蔵入りにしました。
もう少し歳を取ったら(今でも充分年寄りですが)、フィルムカメラを首からぶら下げて、昔の思い出の地を巡ってみたいと考えています。
その時には、フィルムそのものが無くなってしまっているかも知れませんが・・・。

Panorama Theme by Themocracy