50年前の根岸-2

By , 2012年3月20日 5:34 PM

【1962年】
 この写真は、1962年10月に根岸小学校の校庭で行われた、八幡橋幼稚園の運動会の模様を写したものです。この時、弟は八幡橋幼稚園の園児で、私は小学校4年生でした。根岸小学校の木造2階建て校舎の様子が、良く分かると思います。この頃、とても広いと感じていた校庭は、後に高校生になってから訪ねた時には、やけに狭く感じられたものでした。校庭を囲むように「口の字型」に建てられた校舎、そして校庭にあった大きな楠、特徴的な昇降口などを懐かしく思い出します。しかしこうして改めて写真を見ると、どの位置から写したものか判然としません。あと10年もすれば、「根岸小学校に通っていた」と言う事だけが記憶に残り、他のことは忘れてしまうのかなぁなどと思っています。
 
【1964年】
 左の写真は、1964年の根岸を写した航空写真です。1964年と言えば、東京オリンピックが開催された年で、私は小学校6年生になっていました。根岸線の根岸-磯子間が開通したのがこの年ですが、この写真は開通前か開通後のものか分かりません。
 この前年の1963年に、根岸中学は新校舎になり、それ以前の旧校舎から移転しました。旧校舎は岸壁の傍に建っていましたので、埋立の様子などがよく見えたのではないかと思います。根岸中学の新校舎の隣は、「横浜プールセンター(通称マンモスプール)」が建つことになる場所です。プールセンターの工事はこの年の12月に始まり、翌年の1965年7月に竣工しました。

 プールセンターが建つ前のこの場所は、「自己紹介」のページに記したように、駐留を終えた米軍のかまぼこ型兵舎が建ち並び、秋にはススキが一面に生い茂り、子供の格好の遊び場でした。米軍から返還され、プールセンターの工事が始まるまでの間、ずっとそんな感じで放置されていたと記憶しています。と言っても、それはほんの短い期間だったろうと思います。子供の頃は、小学校の6年間が永遠に感じられるほど時間の流れがゆっくりでしたから、ほんの数年の間に起きた変化も、私の中では、長い時間の中で起きた変化として記憶されているように思います。

 ですから、自分の記憶と、実際の年数が符合しないことが度々あり、その都度不思議な気持ちになります。もう既に、ブログには何回も書きましたが、あと5年ほど早く生まれていれば、根岸の海のこと、埋立によって変わって行った様子などを、きちんと記憶していたのではないかと思います。
 
【1965年】
 この写真は、1965年、小学校を卒業する年の1月に撮影したものです。根岸小学校の特徴的な昇降口が写っています。校門を入るとすぐに、職員室などがある校舎の通用口があり、それがそのまま昇降口となっていました。細かいところはもう忘れてしまいましたが、写真左手の校舎が6年生の時の教室だったと記憶しています。校舎の裏手には第二校庭があり、そこには回転ブランコやうんていなどが設置されていました。
 私が在学していた頃は、1年から6年まで各学年4クラスあり、1クラス40人程度の生徒数でした。先生や職員を混ぜると、大凡1,000人近い人数が居たことになります。私が在学していた当時に「開校90周年」の記念行事があったと思いますが、もう既に忘却の彼方の出来事となってしまいました。
 
【1967年】
 この写真は、根岸中学の運動会の時のものです。卒業する前年のもので、私は中学3年生でした。生徒の輪の中で、私もフォークダンスを踊っている筈です。たまたま根岸線が通過するところが写っていますが、写真で分かるとおり、どこかの路線のお下がりではないかと思ってしまうような旧式な形をした電車を使用していて、新設された路線と言うイメージはあまりありませんでした。もっともこの頃は磯子駅止りで、利用客もそれほど多くなかったため、地方のローカル線と言う感じだったのかも知れません。その後、磯子の埋立地に建った工場への通勤(新杉田駅)、大規模開発された住宅地の住人の利用(洋光台、港南台)などで飛躍的に利用客が増え、それに伴い主要駅(大船駅)との接続や専用車両の開発などが行われて来ました。

 この写真には、根岸水上飛行場の格納庫だった建物も写っています。根岸線の後ろに写っている大きな四角い建物がそうですが、改修されながら、戦争当時よりこの頃まで利用され続けていたのだと思います。小学生の頃は目と鼻の先に飛行場の跡地があったわけですが、主要な施設はフェンスに囲われ、その中がどうなっていたのかは窺い知ることができませんでした。子供心にも「近づいてはいけない場所」と言う思いがあり、そこへの冒険だけは避けていたように思います。今は製油所の敷地となっていますが、一時期「日航」と呼ばれていた時がありました。勿論、製油所になる前の話です。その頃、中はどのようになっていたのか、一度は冒険してみるべきだったかも知れません。(笑)
 
【1969年】
 自己紹介のページに載せた写真です。高校に入学してから撮影した写真であることはハッキリしているのですが、何年頃撮ったものなのか、実のところ憶えていません。自分で撮影したのに・・・。1969年か1970年のどちらかなのですが、写真は撮るだけではなく、その説明も何処かに記録しておかないと、後で悩む羽目になります。
 この写真には、手前に根岸小学校、向こう側に根岸中学の校舎と音楽室などがある特別校舎、そして体育館が写っています。その右手には横浜プールセンター、その後ろ手には新磯子の工場群が見えます。この写真を撮ってから、40数年が経っています。今、同じ場所(根岸山の登り口)から見ると、どんな景色が見えるのでしょうかねぇ。

※一部の写真は「横浜開港150周年記念行事-みんなでつくる横濱写真アルバム」から引用させていただきました。

50年前の根岸-1

By , 2012年3月16日 9:54 AM

 自己紹介のページに、私の生まれ育った場所のことを書きましたが、それに追加する意味でこの記事を書いています。
 根岸・磯子と言えば、何はさて置いても「埋立」のことが頭に浮かんできます。私に近い歳の方は、間違いなくそうなのではないかと思います。ただ惜しいことに、当時の私は幼稚園から小学校低学年と言う年でしたので、記録と呼べるような資料を持っていません。今まで掲載して来た写真も、古いものは自分が撮影したものではありません。しかし、自分が体験したことや両親から聞いた話が、断片的にですが記憶に残っているため、それを記しておきたいと思います。そのためこの記事には、他サイトから引用させていただいた写真があることをお断りしておきます。

 この2枚の写真は間門にあった米軍の飛行場です。左の写真は1952年、上の写真は1958年のものです。私は1952年の生まれですが、「赤ん坊の頃、飛行機の飛んでくる音でよく泣いた」と両親から聞いたことがあります。その話を初めて聞いたのは小学生の時で、その飛行機は「日航(旧根岸水上飛行場)」に飛来した飛行機だと思っていたのですが、実際には水上飛行機の運用はありませんでした。その後、間門に飛行場があった事を知るのですが、具体的な情報が無かったため忘れてしまっていました。ところが最近になって、これらの写真を発見して、初めて合点が行きました。

 私が赤ん坊の頃、その音で泣いたと言う飛行機は、この飛行場を離着陸していたのです。私の生家は、ここよりもずっと八幡橋寄りにあったのですが、その辺りは比較的開けた空間になっていました。写真を見る限り、この位置にあった滑走路を離着陸するために、正に私の家の頭上とも言える処を低空飛行していたのではないかと想像できます。多分、赤ん坊でなくても、びっくりするような音だったのではないでしょうか。近年の暴走族などとは比較もできないくらいの、大音響だったと思います。

 また、この2枚の写真には、八幡橋から本牧へ抜ける道が写っています。1952年の頃は道も細く、市電は走っていません。間門-八幡橋間の市電が開通したのが1955年(昭和30年)とのことですので、その施設工事の時に拡幅されたのだと思います。飛行場は1958年に返還されたそうですが、物心がついた頃以降、頭上を飛行機が飛んでいた記憶がありません。ですから、返還直前の頃はすでに、飛行機の離着陸はほとんど無かったのだと思います。返還後この場所には、陸運事務所、日赤病院などが建ち、現在は大規模マンション群、看護学校などが建っています。

※掲載した写真は「横浜開港150周年記念行事-みんなでつくる横濱写真アルバム」から引用させていただきました。

伊勢佐木町 えり藤

By , 2012年3月15日 1:29 AM

 昨年10月、伊勢佐木町にあった呉服店「えり藤」が閉店したそうです。
私がこの老舗のことを書こうと思ったのは、随分昔のことになりますが、私の叔父がえり藤の当主であった藤本家にお婿さんに行った関係で、少なからぬ縁があったからです。

 私が小学生の頃は、家族でよく伊勢佐木町に出掛けたのですが、その度、必ずえり藤に立ち寄りました。しかし、呉服のことなど分からない私は暇を持て余し、何軒か先にあったおもちゃ屋さんに行っては遊んでいました。当時のことは細かく憶えていないのですが、「へびやさん」があって「おもちゃ屋」さんがあって、やたら賑やかだったことは憶えています。

 また、私が23歳になった頃(1975年頃)、磯子の高台にあった藤本家に、何回か遊びに行ったことがありました。結婚の仲人を、叔父さんご夫妻にお願いに行ったのが始まりだったのですが、当時、藤本家の二階からは、造成が開始された丸山町付近の様子が良く見えました。その後、藤本家の当主が高齢のため、叔父さんご夫妻が店を継ぐことになるのですが、悪いことに叔父が病気で急逝してしまいます。叔母一人でお店を切り盛りするのは大変で、後年、お店を手放すことになります。

 その叔母も、今から十年ほど前に亡くなりました。今は藤本家とのお付き合いはほとんどありませんが、ご夫妻の息子さん、娘さんが立派に事業を起こされています。えり藤との縁は、とうの昔に無くなっていますが、子供の頃の思い出が消えてしまうのはさびしいものです。

へびやさんの手前の、青い日よけのお店が「えり藤」です。
叔父、叔母がこのお店で忙しく働いていたのは、もう40年以上も前のことになります。

 

 

 

 

Panorama Theme by Themocracy