磯子Old & New

By , 2011年12月19日 7:20 PM

 ここに掲載する写真は、SATURNO IOMさんから提供していただいたものです。1960年代の写真と最近の写真を比べると、其々の場所の変化が良く分かります。1960年代と言えば、日本は高度成長期の真っ只中です。ですからこの頃の写真には、日本全体が貧乏だった頃の佇まいと、活気に満ちた雰囲気が同居していて、何とも言えない懐かしさを感じます。

 芦名橋の奥から磯子山に向って行くと、途中に長い急坂がありました。1964年の写真では車が通れるように整備されていますが、私が両親に連れられてこの辺りを散策していた1960年頃は、まだ細い山道だったと思います。後年開始される宅地開発のため、先ずは工事車両が通行できるように整備されたのだと思います。今まで宅地ではなかったところが住宅街になると、その変貌ぶりが良く分かります。当たり前とは言え、坂道の形が変わっていないところが、妙に印象に残ります。
 

 磯子旧道入口から、磯子小学校前に抜ける道の途中で撮った写真です。其々の写真を見比べると、右側の家のブロック塀や左側の家の土留めが昔の姿のまま残っていて、何故かとても懐かしい気持ちになります。
 

 浜マーケットの出口近くにあった「室ノ木公園」周辺の写真です。新しい方の写真を見ると、左側に向って比較的太い道が写っていますが、昔はこの道はありませんでした。右側に行く細い道も見えますが、昔はこの道だけでした。太いほうの道は、禅馬川が暗渠化された後に作られた道です。細いほうの道は、下の写真に写っています。
 

 昔の写真に写っているのは、磯子旧道入口から磯子小学校前に抜ける道の途中にあった、禅馬川に掛かる橋です。禅馬川が暗渠になり、今ではその頃の面影はありません。昔の写真に「飛鳥田医院」の看板を見ることができますが、私が幼少の頃、こちらの医院に随分とお世話になりました。飛鳥田医院は、飛鳥田一雄元横浜市長の弟さんが開院された診療所で、八幡橋から少し磯子橋方面に行った16号線沿いにあります。今ではもう、お孫さんの代になっているのではないかと思います。
 

 磯子小学校や周りの住宅は異なっていますが、佇まいは殆ど変っていません。写真を撮った各々の季節が違うからかも知れませんが、最近の写真には何となく活気が無いように思われます。この辺りは、表通りから少し入ったところですが、昔は人通りも多く、良い意味でもっとごちゃごちゃしていたように記憶しています。
 

 この写真は、磯子小学校前から16号線に抜ける途中の様子を写したものです。昔の写真に写っているクリーニング屋さんは、以前は貸本屋さんでした。母の実家が久木町に引っ越した後、時々遊びに行った時などは、ここでマンガを借りたりしていました。ちょっと前まで、ここは何のお店だったか忘れてしまっていたのですが、SATURNO IOMさんから提供していただいた資料を見ていて、貸本屋さんであったことを思い出しました。それと同時に、当時のお店の様子や周りの雰囲気までもが鮮明に思い出されました。とっくに忘れてしまっていたことを何かの切っ掛けで思い出すと、その当時の周りの雰囲気まで蘇って来るのですから、記憶って不思議なものですね。

 昔の写真には、クリーニング屋さんだけでなく他のお店も写っていますが、今ではそれらは無く、何となく閑散としています。普段の買い物は、大型スーパーに車で乗り着ければ一遍で済んでしまいますが、その代り地元の商店街は廃れ、町の活気は失われて行きます。賑やかなのが良いとは限りませんが、活気が失われて行くのは、何となく寂しい気がします。
 
  写真の場所の地図です。地図は1961年のものですが、1963年頃と大きな違いはありません。一番上の写真からA~Fとして、写真を撮った位置を記してあります。
 
 
 
 
 
 

Panorama Theme by Themocracy